中古マンション価格上昇

自己資金0円から始められる、不動産投資
不動産投資の高利回りのノウハウ資料請求!
トップ 不動産投資なら東京の不動産投資 不動産投資物件一覧 不動産投資セミナー シノケンハーモニー会社概要 不動産投資のお客様の評価

不動産投資ナビ不動産投資トピックスリスト中古マンション価格上昇

不動産投資トピックス

不動産投資トピックス 記事内容

  • 中古マンション価格上昇

  • 不動産とひとくくりにいっても様々な形態がありますが、
    都心部であればワンルームマンション(区分)に投資する方が効率が良い為
    一般的ですが、新築、中古、どちらが良いのかわからない、という方も数多くいらっしゃいます。


    本日は、そんな検討中の方にとって興味深い記事が
    平成27年1月23日(日刊)の日経新聞に掲載されていましたので
    お伝えさせていただきます。



    中古マンション、3年ぶり上昇

    首都圏の中古マンション平均価格が3年ぶりに前年を上回った。
    不動産調査会社の東京カンテイ(東京・品川)が22日発表した2014年の中古マンション平均価格(70平方メートル換算)は、首都圏が2851万円と13年より2.1%高い。
    新築マンションの供給量が減り、海外や地方の富裕層による購入が多かった。
    同社のデータベースに登録された売り希望価格を基に集計した。
    都中心部で高額物件の登録が堅調だった。
    東京23区の14年の平均価格は13年より5.2%高い4203万円。
    10年以来の高水準となった。
    近畿圏は0.6%、中部圏は0.4%上昇した。
    野村不動産アーバンネットの調べでも、15年1月1日時点の首都圏の中古マンション価格は1年前に比べ平均1.5%上昇した。
    日本のマンション価格は世界の各都市に比べ割安感が強く、投資物件として外国人の引き合いが強い。
    地方の富裕層も相続税対策の一環で都心物件の購入に動いている。


    2015年1月23日(金曜日) 日経新聞より抜粋



    いかがでしょうか。

    新築、中古、どちらもメリット、デメリットが存在します。


    しかし、現在販売している新築物件と市場にでている中古物件を比べた際に
    価格差がほとんどないのが現状です。

    既に不動産をお持ちの方にとっては売却メリットがありますが
    今後、購入される方にとってはどうでしょうか。

    中古だから安いという考えは現在通用しません。

    また、管理などの問題もメディアによって報道されていますが
    ずさんな管理で、深刻な物件も数多く存在します。

    弊社では、無料セミナーにて『失敗しない不動産投資の秘訣』や
    無料個別相談会を毎日開催しておりますので、まずはご参加されてはいかがでしょうか。

    最新のマーケット情報や市況、弊社のノウハウを惜しみなく
    お伝えさせていただきます。

不動産投資トピックス詳細
不動産投資の利回りについて
華人投資首選
無料の資料請求
シノケンハーモニー会社概要
不動産投資ナビトップ
東京の不動産投資不動産投資セミナー不動産投資の利回り不動産投資 シノケンハーモニーの評判不動産投資シミュレーション
不動産投資入門不動産投資情報不動産投資 用語集不動産投資物件一覧投資不動産不動産投資Q&A不動産投資トピックス
サイトマップ不動産投資のシノケンハーモニーについてサイトポリシープライバシーポリシー・セールスポリシー資料請求・お問い合わせ
※金融機関の審査条件によってはお取り扱いできない場合がございます。
自己資金0から始められる、不動産投資

マンション経営 資産運用不動産投資ブログ(スタッフブログ)

株式会社シノケンハーモニー
〒105-0012
東京都港区芝大門二丁目5番5号 住友芝大門ビル

TEL.03-5777-0135(ダイヤルイン)
受付時間:[平日] 10:00〜21:00/[土日祝] 10:00〜19:30
メールでのお問い合わせはこちら
不動産投資コンシェルジュがご案内いたします。
フリーダイヤル:0120-262-361
受付時間:[平日]    10:00〜21:00
[土日祝] 10:00〜19:30