地価上昇、最多の125地区に

自己資金0円から始められる、不動産投資
不動産投資の高利回りのノウハウ資料請求!
トップ 不動産投資なら東京の不動産投資 不動産投資物件一覧 不動産投資セミナー シノケンハーモニー会社概要 不動産投資のお客様の評価

不動産投資ナビ不動産投資トピックスリスト地価上昇、最多の125地区に

不動産投資トピックス

不動産投資トピックス 記事内容

  • 地価上昇、最多の125地区に

  • 本日は、平成27年2月13日(夕刊)の日経新聞に地価動向が掲載されておりましたので、お知らせさせていただきます。


    地価上昇、最多の125地区に 1月国交省報告


    地価の上昇が続いている。国土交通省が27日発表した1月時点の地価動向報告によると、
    3カ月前から地価が上昇したのは125地区と過去最多を更新。
    下落は前回調査の10月時点に続いてゼロだった。
    地価上昇期待や低金利を背景に、活発な不動産取引が続いていることを裏付けた。
    調査は全国の主な商業地と住宅地の合計150地区を対象に3カ月ごとに実施。
    地価を「上昇」「横ばい」「下落」で判定し、変動率を3%刻みで示す。
    上昇は前回調査から1地区増えた。大阪市や埼玉県川口市、松山市の商業地が横ばいから上昇に転じた。
    一方、新潟市や岐阜市の商業地は上昇から横ばいに転じた。
    地域別にみると、東京圏は91%に当たる59地区で上昇した。
    企業や投資家の不動産取引が地価を押し上げたが、商業地では銀座と新宿三丁目の上昇率が前回の3~6%から0~3%に鈍った。
    国交省は「賃料の上昇で成約しづらくなった物件もあるが、市況悪化を映すものではない」(地価調査課)と説明する。




    いかがでしょうか。

    現在、地価は上昇傾向にあり、まだまだ上がるのではないかとよんでいる専門家も数多くいますが、皆さんはどの様なイメージをお持ちでしょうか。


    「将来的に資産価値がなくなるのではないか。」
    「家賃が下がってしまうのではないか。」
    「突発的な出費があるのではないか。」
    と不安に感じる方もいらっしゃると思います。



    では、なぜ多くの方が取り組むのでしょうか?

    弊社では、毎日無料セミナーや無料個別相談を開催しています。
    中でも、『失敗しない不動産投資の秘訣』は多くの投資家の関心を得ています。

    一人でも多くの方に、リスクの回避方法やノウハウをお伝えできれば幸いです。

不動産投資トピックス詳細
不動産投資の利回りについて
華人投資首選
無料の資料請求
シノケンハーモニー会社概要
不動産投資ナビトップ
東京の不動産投資不動産投資セミナー不動産投資の利回り不動産投資 シノケンハーモニーの評判不動産投資シミュレーション
不動産投資入門不動産投資情報不動産投資 用語集不動産投資物件一覧投資不動産不動産投資Q&A不動産投資トピックス
サイトマップ不動産投資のシノケンハーモニーについてサイトポリシープライバシーポリシー・セールスポリシー資料請求・お問い合わせ
※金融機関の審査条件によってはお取り扱いできない場合がございます。
自己資金0から始められる、不動産投資

マンション経営 資産運用不動産投資ブログ(スタッフブログ)

株式会社シノケンハーモニー
〒105-0012
東京都港区芝大門二丁目5番5号 住友芝大門ビル

TEL.03-5777-0135(ダイヤルイン)
受付時間:[平日] 10:00〜21:00/[土日祝] 10:00〜19:30
メールでのお問い合わせはこちら
不動産投資コンシェルジュがご案内いたします。
フリーダイヤル:0120-262-361
受付時間:[平日]    10:00〜21:00
[土日祝] 10:00〜19:30