不動産投資Q&A:将来、個人年金がきちんと貰える…

自己資金0円から始められる、不動産投資
不動産投資の高利回りのノウハウ資料請求!
トップ 不動産投資なら東京の不動産投資 不動産投資物件一覧 不動産投資セミナー シノケンハーモニー会社概要 不動産投資のお客様の評価

不動産投資ナビ不動産投資Q&A年金対策・老後資金 > 将来、個人年金がきちんと貰える…

不動産投資Q&A 詳細

年金対策・老後資金

  • 将来、個人年金がきちんと貰えるかが不安ですが、マンション経営はその対策として有効でしょうか?

  • 個人年金対策として考えた場合、マンション経営は有効と思われますが、その前にまず、個人年金に関する公的年金についてご説明しましょう。

    平成11年に総務省統計局が行った「家計調査によりますと、夫婦2人でゆとりある生活を送るために必要な生活費は28万9333円。そのうち公的年金はというと約23万前後。
    しかも、60歳で退職しても支給は一律65歳からです。

    加えて、医療費の上昇やインフレの懸念が追い打ちをかけ、今後は老後の支出が増加することは間違いありません。

    そのため、大手生命保険会社の個人年金に加入する人が増加傾向にあります。

    生命保険会社の個人年金の場合、毎月の給料で保険料を払うので、家計の負担になり、支払い期間も限られています。

    支給額についても、保険会社の破綻やインフレにより、実質、目減りすることが考えられます。

    これらの、現状の個人年金に対する不安やデメリットに対してマンション経営はどうでしょうか。

    例えば、マンションをローンで購入した場合、その大半は家賃収入で賄っていくので、毎月の返済はほんの僅かで済み、節税効果を絡めれば、殆どの場合、プラスでお金が戻ってきます。

    ローン完済後は家賃収入がそのまま、年金がわりになります。

    家賃収入はインフレにも強く、長期に渡って受けとれるため、第2の給与的な効果を生む、資産運用といえます。

    さらに、もしものことがあった場合、マンション経営なら、ローンの中に団体信用保険料も含まれているため、ローンの残高は保険金で完済され、マンションは無借金の状態で遺族に相続されます。

    もちろん、家賃はそのまま遺族に相続され、いただけます。

    このように、公的年金や生命保険だけでは、カバーしきれない厳しい今後の高齢者社会に対応していくためにも、自己資金をかけずに行える、ワンル−ムマンションの経営を検討してみるべきでしょう。

ここに記載されていない質問も受け付けております。
※質問内容により、回答できない場合もございますので、あらかじめご了承下さい。
検索質問を投稿する
年金対策・老後資金:不動産投資Q&A
不動産投資の利回りについて
華人投資首選
無料の資料請求
シノケンハーモニー会社概要
不動産投資Q&A
不動産投資Q&Aトップローン・借り入れについて収益物件についてメリット・デメリット節税対策についてマンション管理について資産運 用としての収益性不動産投資の利回り年金対策・老後資金インフレ対策についてその他
不動産投資ナビトップ
東京の不動産投資不動産投資セミナー不動産投資の利回り不動産投資 シノケンハーモニーの評判不動産投資シミュレーション
不動産投資入門不動産投資情報不動産投資 用語集不動産投資物件一覧投資不動産不動産投資Q&A不動産投資トピックス
サイトマップ不動産投資のシノケンハーモニーについてサイトポリシープライバシーポリシー・セールスポリシー資料請求・お問い合わせ
※金融機関の審査条件によってはお取り扱いできない場合がございます。
自己資金0から始められる、不動産投資

マンション経営 資産運用不動産投資ブログ(スタッフブログ)

株式会社シノケンハーモニー
〒105-0012
東京都港区芝大門二丁目5番5号 住友芝大門ビル

TEL.03-5777-0135(ダイヤルイン)
受付時間:[平日] 10:00〜21:00/[土日祝] 10:00〜19:30
メールでのお問い合わせはこちら
不動産投資コンシェルジュがご案内いたします。
フリーダイヤル:0120-262-361
受付時間:[平日]    10:00〜21:00
[土日祝] 10:00〜19:30