不動産投資Q&A:投資用不動産の新築物件マンショ…

自己資金0円から始められる、不動産投資
不動産投資の高利回りのノウハウ資料請求!
トップ 不動産投資なら東京の不動産投資 不動産投資物件一覧 不動産投資セミナー シノケンハーモニー会社概要 不動産投資のお客様の評価

不動産投資ナビ不動産投資Q&A不動産投資の利回り > 投資用不動産の新築物件マンショ…

不動産投資Q&A 詳細

不動産投資の利回り

  • 投資用不動産の新築物件マンションでも利回り10%を越える物件があると聞いた事があるのですが、本当にそういった物件はあるんでしょうか?

  • 投資用不動産として、一般的に新築物件の場合、
    表面利回りは4〜6%になりますが、どういった切り口で見るかによっても異なります。

    例えば、マンション経営は、他人資本でローンを返済して資産を形成するのが一般的なので、

    ご自分が負担する費用は、一般には、スタート資金のみです。

    仮に、2000万の物件で
    年間の家賃収入が120万とれるものを、

    頭金200万円、ローン1800万円(金利3%)で購入したとき、

    出したお金は、頭金200万円のみですから、

    (年間120万円の収益)−(年間金利負担54万円)=年間66万円の粗利。

    つまり、200万円の投資金が、年間66万円の収益を生むとしたら、

    66万円÷200万円で、33%になります。


    H12年に施行された【住宅の品質確保の促進等に関する法律】によって、以前は保証期間が2年だったものが、今では、10年に義務付けられたことによって、
    最近の新築物件や、H12年以降の築浅物件は、高度な技術の、しっかりした管理下で建てられており、
    物件の担保価値が高い為、ローンが100%〜90%組めるので、少ない自己資金でおはじめになれます。

    逆に、現在、市場にでまわっている中古物件の場合は、物件の担保価値が低いものが多い為、現金での購入や、物件価格の半分を現金で入れなければ購入でき無いものが多い為、スタート資金が多くかかります。

    ですから、負担した資金からの利回りを考えますと、新築物件や、築浅物件の方が、高利回りといえます。

ここに記載されていない質問も受け付けております。
※質問内容により、回答できない場合もございますので、あらかじめご了承下さい。
検索質問を投稿する
不動産投資の利回り:不動産投資Q&A
不動産投資の利回りについて
華人投資首選
無料の資料請求
シノケンハーモニー会社概要
不動産投資Q&A
不動産投資Q&Aトップローン・借り入れについて収益物件についてメリット・デメリット節税対策についてマンション管理について資産運 用としての収益性不動産投資の利回り年金対策・老後資金インフレ対策についてその他
不動産投資ナビトップ
東京の不動産投資不動産投資セミナー不動産投資の利回り不動産投資 シノケンハーモニーの評判不動産投資シミュレーション
不動産投資入門不動産投資情報不動産投資 用語集不動産投資物件一覧投資不動産不動産投資Q&A不動産投資トピックス
サイトマップ不動産投資のシノケンハーモニーについてサイトポリシープライバシーポリシー・セールスポリシー資料請求・お問い合わせ
※金融機関の審査条件によってはお取り扱いできない場合がございます。
自己資金0から始められる、不動産投資

マンション経営 資産運用不動産投資ブログ(スタッフブログ)

株式会社シノケンハーモニー
〒105-0012
東京都港区芝大門二丁目5番5号 住友芝大門ビル

TEL.03-5777-0135(ダイヤルイン)
受付時間:[平日] 10:00〜21:00/[土日祝] 10:00〜19:30
メールでのお問い合わせはこちら
不動産投資コンシェルジュがご案内いたします。
フリーダイヤル:0120-262-361
受付時間:[平日]    10:00〜21:00
[土日祝] 10:00〜19:30