不動産投資Q&A:なぜ私的年金になるのですか。…

自己資金0円から始められる、不動産投資
不動産投資の高利回りのノウハウ資料請求!
トップ 不動産投資なら東京の不動産投資 不動産投資物件一覧 不動産投資セミナー シノケンハーモニー会社概要 不動産投資のお客様の評価

不動産投資ナビ不動産投資Q&A年金対策・老後資金 > なぜ私的年金になるのですか。…

不動産投資Q&A 詳細

年金対策・老後資金

  • なぜ私的年金になるのですか。

  • ローンを支払い中もプラスで回っている場合は、その収入を年金代わりと考えても良いのですが、空室保証契約にされている場合は、利回りがほぼ確定しますので、ローンを完済後は、月々の家賃収入を終身年金代わりとお考えになっても差し支えありません。

    今回、生命保険の10年保証期間付終身年金(男性)を例として上げておりますので、その商品との比較として述べさせて頂きます。

     生命保険の終身年金で60歳から年間100万円年金が受け取れると言う契約の場合、月々の保険料負担がかなりの金額となりますが、マンション経営の場合、家賃を入居者が負担してくださる為、オーナー様の負担は、月々ほんの僅かとなります。

     通常、個人年金の場合、被保険者死亡の場合、その時点で年金は、終了します。(10年保証期間つきなどの保証期間内の場合は残存保証期間の年金現価を遺族に支払います。) 早期に死亡の場合、元本割れもあり得ます。

     マンション経営の場合、団信に加入となりますので、当初より融資額の保証がつきます。 もし、御契約者に万一の事があっても、生命保険でローンが全て完済されますので、ご家族にローンが残る事はありません。むしろ、生命保険代わりに無借金の不動産と家賃収入が残る事になります。まさに、生命保険と年金の両方の優位性を併せ持ち、負担金も比較にならないほど軽いのではないでしょうか。

     今回、比較の為に10年保証期間付終身年金の例をあげましたが、現実にこの年金に加入されていらっしゃる方は、少ないと思います。
     現実には、10年確定年金にご加入の方が大部分だと思います。終身年金は、保険料の負担が高い為、消費者が敬遠されてしまう様です。
     一口に個人年金と言いましても、種類は豊富で、その個人によって加入されている商品もまちまちです。
     
     ご自分の年金、保険についてお知りになりたい場合は、FP有資格者がおりますので、個別にご相談下さいませ。
     当社は、生命保険販売はしておりませんので、相談により、生命保険の勧誘を受ける事はありません。
     また、コンサルテイング料金も頂きません。
     あくまでサービスとして中立的なアドバイスをさせて頂きます。



ここに記載されていない質問も受け付けております。
※質問内容により、回答できない場合もございますので、あらかじめご了承下さい。
検索質問を投稿する
年金対策・老後資金:不動産投資Q&A
不動産投資の利回りについて
華人投資首選
無料の資料請求
シノケンハーモニー会社概要
不動産投資Q&A
不動産投資Q&Aトップローン・借り入れについて収益物件についてメリット・デメリット節税対策についてマンション管理について資産運 用としての収益性不動産投資の利回り年金対策・老後資金インフレ対策についてその他
不動産投資ナビトップ
東京の不動産投資不動産投資セミナー不動産投資の利回り不動産投資 シノケンハーモニーの評判不動産投資シミュレーション
不動産投資入門不動産投資情報不動産投資 用語集不動産投資物件一覧投資不動産不動産投資Q&A不動産投資トピックス
サイトマップ不動産投資のシノケンハーモニーについてサイトポリシープライバシーポリシー・セールスポリシー資料請求・お問い合わせ
※金融機関の審査条件によってはお取り扱いできない場合がございます。
自己資金0から始められる、不動産投資

マンション経営 資産運用不動産投資ブログ(スタッフブログ)

株式会社シノケンハーモニー
〒105-0012
東京都港区芝大門二丁目5番5号 住友芝大門ビル

TEL.03-5777-0135(ダイヤルイン)
受付時間:[平日] 10:00〜21:00/[土日祝] 10:00〜19:30
メールでのお問い合わせはこちら
不動産投資コンシェルジュがご案内いたします。
フリーダイヤル:0120-262-361
受付時間:[平日]    10:00〜21:00
[土日祝] 10:00〜19:30