不動産投資ブログTOP

膨らむ国の赤字

皆さんこんにちは。

本日は日本の財政赤字についての記事をご紹介させて頂きます。

 

2017年1月27日の記事より一部抜粋

内閣府は25日の経済財政諮問会議で、中長期の財政試算を示した。

黒字化をめざす2020年度の国と地方の基礎的財政収支は8.3兆円の赤字を見込んだ。

16年度の税収が円高で落ち込んだことで想定が狂い、赤字は昨年7月の前回試算より2.8兆円膨らんだ。

高い成長を想定し、19年10月の消費増税を織り込んでも財政健全化目標の実現は困難だ。

赤字解消には社会保障の抜本改革も含めた追加策が必要だ。

基礎的財政収支は政策経費を税収などで賄えているかを示す。

政府は20年度までにこれを黒字にするとの目標を事実上の国際公約としている。

安倍晋三首相は黒字化目標の旗は降ろさない方針だが、道は険しい。

BNPパリバ証券の河野龍太郎氏は「20年度の黒字化は遠のいた。高成長・高インフレを前提とした財政健全化が困難なことが浮き彫りになった」と指摘する。

民間エコノミストはこのままでは目標達成は難しいとみる。

20年度に残る8.3兆円の赤字を消費増税で解消するとすれば、税率を約13%まで引き上げないといけない計算だ。ただ2度増税を延期したため、20年度までの消費増税は、すでに予定している19年10月の10%への引き上げに事実上限られる。

いかがでしょうか?

このように国の財政は悪化し赤字が膨らむ中、どうしても国民の負担は増税などにより増えてしまいます。

今では20代の方でも将来の年金に不安を感じ、何か対策を打たねばと、投資に興味を持つ方も増えております。

FXや株はリターンも高く見込めますが、リスクが高いことから堅実な不動産投資に取り組む方が増えております。

弊社では無料相談窓口も随時開催させて頂いておりますので、自分でも取り組めるのか?不動産投資とはどのようなものなのか?そんなご質問から受付けておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

本当の利回りとは

よく「利回り10%で高利回り」などという宣伝が多く記載されています。

しかし、そもそもこの「利回り」なぜ重要視されているのでしょうか?

利回りとは簡単にいうと、その物件がどのくらい収益を上げられるかを図る指針となります。

続きを読む

関電、不動産投資2.2倍

皆様、こんにちは。

今回は昨年の記事になりますが、不動産投資に関して非常に興味深い記事がございましたので、皆様にご紹介させて頂きます。

日経新聞朝刊「関電、不動産投資2.2倍」

続きを読む

赤字額6000億円膨らむ

皆様こんにちは。

先日の日経新聞の記事をご紹介させて頂きます。

※以下「1/20日本経済新聞」一部抜粋

基礎的財政収支、20年度6.4兆円赤字に 税収鈍化が響く

29.4.13日本経済新聞 日刊 「赤字額6000億円膨らむ」

財務省は2020年度の国の基礎的財政収支(プライマリーバランス)が6.4兆円の赤字になるとの試算をまとめた。

足元の税収鈍化の影響で、昨年1月にまとめた試算よりも赤字額が6000億円膨らんだ。

安倍政権が掲げている20年度の黒字化目標の達成が一層険しくなった形だ。

基礎的財政収支は、予算案の歳出総額から国債費を除いた政策経費から税収などを差し引いた指標。

安倍政権は高成長による税収増で目標を達成する姿を描いていたが、17年度の税収見通しは前年度比1000億円増にとどまった。

試算によると、20年度の基礎収支の対象経費は78.4兆円。

高齢化によって社会保障費が35.8兆円と17年度比で3.3兆円伸び、歳出を押し上げる。

一方、税収は67.1兆円にとどまり、前年度予測の69.5兆円より2.4兆円減る。

利払い費などを含めた20年度の国債費は金利が1%上昇すると3.6兆円増2%上昇で7.3兆円増となる。

名目成長率が1%上がった場合の税収は2.2兆円増、2%上昇で4.4兆円増で、金利上昇に比べて増額幅は小さい。

 

以上となります。

いかがでしたでしょうか。

日本はこの赤字額にどう対応していくのでしょうか。

先日お問合せ頂いたお客様は、この記事を見て「日本はこれからインフレを起こし、お金の価値を下げて借金の額を減らそうとしているのではないか」と仰られてました。

インフレ対策として今借り入れを起こしても将来的にはお金の価値が下がるから今借り入れを起こすべきだと3件同時購入されていきました。

最近インフレ対策としてご検討されているとお問合せが増えて参りました。

特に金融機関勤めのお客様は非常に多いです。

何故、不動産投資はインフレ対策になるのか。

お気軽にお問合せ下さいませ。

新築マンション立地の重要性増す

皆様こんにちは。

本日は、住宅新報の記事をご紹介致します。

 新築マンション立地の重要性増す

続きを読む

優良中古住宅を認定

皆様こんにちは。

最近気になる記事を読みましたので、皆様にご紹介させて頂きます。

優良中古住宅を認定 国交省、イメージ向上狙う

続きを読む

老後の資金を考える

老後の資金がどのくらい必要かご存じでしょうか。

必要資金がわかれば、その準備をどのように行うべきか対策が立てやすくなります。それでは、資金がいくら必要になるか試算していきましょう。

続きを読む

お一人様の老後

最近読んだ本で気になる内容があったので、皆様にご紹介致します。

≪お一人様の老後は有料老人ホームかサービス付高齢者住宅に入居するしかない≫というお話です。

続きを読む

地方、止まらぬ人口減

皆様、こんにちは。

こないだ不動産投資をご検討中の方には、大変興味深いであろう記事を見つけましたのでご紹介致します。

続きを読む

高齢者の定義は75歳から?!

皆様、こんにちは。

気温が低かったり高かったりで、ご体調を崩される方が非常に多いみたいですが、皆様は、ご体調いかがでしょうか。

さて本日は、最近話題になっております「高齢者とは一体いくつからなの???」について、日経新聞に記事が出ておりましたので、ご紹介させて頂きます。

続きを読む

▲ Page Top