不動産投資ブログTOP

「悪質不動産コンサル」の食い物になる人たち

みなさんこんにちは。

先日の東洋経済オンラインにて、気になる記事を見つけましたので、ご紹介させて頂きます。

続きを読む

東京五輪後の見通し

皆さま、こんにちは。

先日、気になる記事を見つけましたので、ご紹介したいと思います。

2017年4月7日の日本経済新聞に掲載された記事です。

続きを読む

「民泊」の将来性

皆さんこんにちは。

本日は日本経済新聞でホテルの価格高騰の記事をご紹介させて頂きます。

続きを読む

広がる人口格差

弊社の無料相談窓口には日々、様々な問い合わせが寄せられますが、一番多いお問い合わせとしては、「不動産投資のリスクについて教えて欲しい」というもののように感じます。

一口に「不動産投資のリスク」といいましても、お取組み方によって様々なものがございますが、一般的に、最も有名なリスクは「空室リスク」ではないでしょうか。

当然ながら、所有されている物件が空室になってしまえば、家賃を受け取ることはできません。

ですので、空室リスクを避けるためにも、賃貸需要の旺盛なエリアを選ぶこと、人口動向や今後の需要について重点を置いて、チェックする必要がある、と言われています。

賃貸需要が現在、そして将来に渡って、旺盛なエリアとは、いったいどこなのでしょうか。

先日の日経新聞に、そのヒントとなるような記事が掲載されておりましたので、ご紹介させて頂きます。

 

4月15日(土) 日本経済新聞 朝刊より

引用はじめ~

都人口0.8%増1362万人、4年連続伸び首位 

総務省が14日発表した2016年10月1日時点の人口推計によると、都道府県別の対前年比の人口増加率は東京都が0.80%と4年連続で首位だった。

他の道府県からの転入者や外国人の入国者が多かった。

出生数が死亡数を上回る「自然増」では、外国人の出生数が3000人超とけん引役を果たした。

外国人の暮らしやすい環境づくりが一段と重要になりそうだ。

都の総人口は1362万人で、全国の10.7%を占めた。

人口増加率は2位の沖縄県(0.40%)の2倍だった。

このほか、人口増加率がプラスだったのは埼玉、愛知、千葉、神奈川、福岡の各県のみ。国内の人口減が加速する中で、東京をはじめとする大都市圏への人口流入が一段と鮮明になっている。

都内の人口変化の内訳をみると、自然増加率は0.02%で横ばいだった。

自然増は日本人が730人だったのに対し、外国人は2456人。

外国人は出生数(3298人)が死亡数(842人)を大幅に上回った。

人口流入数が流出数を上回る「社会増」の率は0.78%で高水準を維持した。

他の道府県からの転入超過数は日本人が7万6594人、外国人が374人。

出入国は日本人が3138人の出国超過だったのに対し、外国人が3万1650人の入国超過だった。

外国人の入国が日本人の他の道府県からの転入とともに、都内の人口増をけん引している。外国人は出生数も増加傾向だ。

短期滞在ではなく、都内で生活する外国人が増えてきていることがうかがえる。

29.6.7-2

~引用終わり

 

また、同日の日経新聞ですが、以下のような記事もありました。

 

4月15日(土) 日本経済新聞 朝刊より

引用はじめ~

都道府県別で人口の増減をみると、人口が増えたのは東京、沖縄、埼玉、愛知など7都県だ。

東京都は2015年より0.80%増え、増加率は4年連続でトップ。

東京一極集中といえる状況がさらに強まっている。

減少したのは40道府県だ。三大都市圏の中でも大阪府は0.08%減らした。

大阪市内への流入は続いているものの府全域でみると減少している。

都道府県の中でも都市部とそれ以外の人口格差がさらに広がってきた。

29.6.7-1

引用終わり

 

いかがでしょうか。

国内、外問わず、様々な機関投資家や個人投資家が東京の不動産マーケットに熱い視線を注いでいる理由が、ご理解頂けるのではないでしょうか。

様々な専門家が分析するように、今後の人口動向に関しましては、「東京」の一人勝ちは明らかで、以降どんどん「東京」と「それ以外」で二極化が進んでいくようです。

ではその「東京」を更に細分化していった上で、いったいでのエリアで不動産投資を行うのが最も適切なのか?

 

詳細につきましては、無料の個別相談会やセミナーでお話させて頂いております。

ご興味がございましたら、ぜひ一度お気軽にお問合せくださいませ。

明確な判断基準

本日は皆様よりご相談を頂く機会が多いご質問に関しましてお答えさせて頂きます。

【不動産投資と一口にいっても種類が多すぎて、何をしたらいいのかわからない。】

続きを読む

都内の民泊の需要が増える見込み

皆様、こんにちは。

本日は日本経済新聞に興味がわく記事が載っていましたので、ご紹介致します。

続きを読む

海外不動産投資のメリット・デメリットを検証する

皆様、こんにちは。

本日は、皆様の中には海外不動産をご検討されている方もいらっしゃると思いますので、海外不動産についてまとめた記事をご紹介させて頂きます。

日本の不動産をご検討されている方がほとんどだとは思いますが、是非ご参考頂ければ幸いでございます。

続きを読む

都心3区 人口増加速

皆様こんにちは。

最近気になった記事を皆様にご紹介させて頂きます。

※以下「2017年(平成29年)4月6日(木)日本経済新聞 日刊」一部抜粋

都心3区 人口増加速 

千代田、36年ぶり6万人台 子育て世代流入

東京都の千代田、中央、港の都心3区の人口増加が加速している。

千代田区は36年ぶりに6万人を突破、中央区と港区も増加が続く。

所得が高く職住接近や保育所を求める子育て世代が流入しているほか、利便性を求める高齢者も郊外から移り住んでいる。

高所得層が住みやすい都心居住を志向する流れは将来の待機児童や介護の需要を押し上げる要因にもなる。

最近は「番町地区などで投資系マンションが増えている」(東京カンテイの井出武上席主任研究員)こともあり、これらの賃貸物件に住む人が増えている。

都内で深刻な待機児童も千代田区では比較的少ない。

「人口回復を主要施策に掲げ、住環境の整備や子育て支援に取り組んできた」(千代田区)という。

子育て世代を引き付ける理由として「進学に有利な小中学校が多い」との見方もある。

各区とも子育て世代の増加が続けば「保育所や小学校の確保が大きな課題となる」(中央区幹部)のは確実だ。

子育て世帯の要望に十分な対応ができなければ、住みやすさに影響してくる。

子育て世代だけでなく、高齢者が都心に回帰する傾向もある。

井出氏によると、バブル期に郊外に一戸建てを持った層が老後、管理の手間がかからない都心のマンションに移り住む例が増えているという。

もっとも介護が必要になった場合の受け皿を考えると都心3区は脆弱。

保育所同様、近い将来の問題になる公算が大きい。

以上となります。

 

いかがでしょうか。

全国的に人口減少傾向にあるご時世でございますが、地域により人口減少する地域と人口が増加する地域と二極化が進んでおります。

不動産投資に取り組むにあたり地域選びは非常に重要なポイントとなってまいります。

弊社の個別相談会にご参加頂いた方限定で、人口の推移や失敗しない不動産投資のカラクリをお伝えさせて頂いております。

お気軽にご予約下さいませ。

贈与税を賢く使う

皆様こんにちは。

今回は日本経済新聞2017年4月8日(土)に掲載されていた親から贈与 賢く使うという記事を紹介させて頂きます。

続きを読む

都心3区の人口増加が加速

皆様こんにちは

本日は日本経済新聞の面白い記事を見つけましたのでご紹介致します。

続きを読む

▲ Page Top