不動産投資ブログTOP  > 高齢者の定義は75歳から?!

高齢者の定義は75歳から?!

皆様、こんにちは。

気温が低かったり高かったりで、ご体調を崩される方が非常に多いみたいですが、皆様は、ご体調いかがでしょうか。

さて本日は、最近話題になっております「高齢者とは一体いくつからなの???」について、日経新聞に記事が出ておりましたので、ご紹介させて頂きます。

– — – — – — – –以下、「日本経済新聞」引用– — – — – — – — – –

75歳で高齢者、65歳は「准高齢者」 学会提言  2017/1/5 19:17

日本老年学会などは5日、現在は65歳以上と定義されている「高齢者」を75歳以上に見直すよう求める提言を発表した。

医療の進展や生活環境の改善により、10年前に比べ身体の働きや知的能力が5~10歳は若返っていると判断した。

10年前に比べ身体の働きや知的能力が若返っているとみられる前期高齢者とされている65~74歳は、活発な社会活動が可能な人が大多数だとして「准高齢者」に区分するよう提案。

社会の支え手と捉え直すことが、明るく活力ある高齢化社会につながるとしている。

65歳以上を「支えられる側」として設計されている社会保障や雇用制度の在り方に関する議論にも大きな影響を与えそうだ。

平均寿命を超える90歳以上は「超高齢者」とした。

提言をまとめた大内尉義・虎の門病院院長は「高齢者に対する意識を変え、社会参加を促すきっかけになってほしい」と述べた。

学会は、お年寄りの心身の健康に関するさまざまなデータを解析。身体の働きや知能の検査結果、残った歯の数などは同一年歳で比べると年々高まる傾向にあり、死亡率や要介護認定率は減少していた。

内閣府の意識調査でも、65歳以上を高齢者とすることに否定的な意見が大半で、男性は70歳以上、女性は75歳以上を高齢者とする回答が最多だったことも考慮した。

 

いかがでしたでしょうか。

高齢者の年齢の定義を75歳にすると、どうなるでしょうか?

上記の記事では昔と比べ身体の働きや知的能力が10歳程度、若返っているから今の65歳を高齢者とは言いづらいので高齢者は75歳からでいいのじゃないかという事が書かれてました。

しかし高齢者となる年齢の定義を上げることにより、年金の支給年齢も引き上げられるのでは無いかと話題になっているようです。

65歳から年金支給が開となり、60歳で定年退職を迎えたとしても空白は5年間ですが、75歳が年金支給開始となると、空白は15年間となります。

ということは一体、老後に必要な資金とはいくらになるのでしょうか??

こういった話題が出ると、ますます「将来が不安で、その対策で不動産投資を検討したい」とお問い合わせを頂く事が増える傾向がございます。

皆様もお気軽にお問合せ下さいませ。

▲ Page Top