不動産投資ブログTOP  > 税から逃げるサラリーマン

税から逃げるサラリーマン

「サラリーマンは損をしている」

税金を給与から源泉徴収され、「従順な納税者」だったサラリーマンの「反乱」が広がり始めています。

↓

役所の仕事ぶりをみると、税金を払う気がなくなる

東京都内に住む50歳代の大手商社マンAさんは
都内や札幌など6都市に持つワンルームマンションなどは41件、資産総額で3億円。

そのノウハウの1つが、不動産投資で得られる所得と、サラリーマンとしてもらう給与所得の合算による節税です。

マンションの賃料収入を上回る経費を計上して不動産所得を赤字にすれば、
合算後の所得が減り、納税額も少なくなる。

経費は、物件購入のために借り入れたローンの利払い費や管理会社への委託費だけではない。

札幌に花火大会を見に行く旅費も、物件の視察を組み込んで経費に。

賃料収入の帳簿への記入を子供2人に手伝わせ、「アルバイト料」として、月に8万円ずつ計上。
実際には2人の高校の授業料や小遣いだが、
年齢などの要件は満たしており、「ルールは守っています」。

リビング

商社での年収が1千万円を超えた1992年ごろから10年間、所得税と住民税は「無税状態」だった

昨年は給与1400万円に家賃収入が2400万円あったが、「払った税金は60万円ほど」。

子供の保育料軽減や教育助成金など、国や区の低所得者向け補助も受けてきた

長期保有に徹したため売却損もなく、ローン残高を引いた純資産は約1億円に膨らんだ。

「会社人間になりたくない」と始めた不動産投資だったが、
領収書があれば「経費」がとがめられることはない。

サラリーマンは損をしている」とつくづく思う。

ランプ

定年を迎える数年後のプランもある。
法人を作り、不動産などの資産は相続税のかからない法人所有に移し、子供たちに・・・」。

「節税人生」の老後はバラ色だ。

マンション経営について、動画で分かりやすく見れます。

マンション投資 動画バナー

初心者向け不動産投資セミナーも随時開催してます。

セミナー

▲ Page Top