不動産投資ブログTOP  > 人口、地方の減少止まらず

人口、地方の減少止まらず

三大都市圏に人口の50.37%分布

総務省が8月11日公表した住民基本台帳に基づく人口調査(2009年3月末時点)は、地方の人口減少に歯止めがかからない現状を示した。
東京、関西、名古屋の三大都市圏の人口は6401万2618人と前年同期に比べて0.35%増加。
全人口に占める割合も0.17ポイント上昇し、50.37%に達した。
「地方」で暮らす日本人は半数に満たない計算で、人口分布の偏りが顕著となっている。

詳しく下矢印

偏り鮮明に

人口が増えたのは東京や神奈川、愛知、大阪など三大都市圏を中心とする10都府県で、前年度の調査(08年3月末時点)より2県減った。
人口増加率が最も高かったのは東京の0.69%

東京は進学や就職、転勤などに伴う転入が引き続き活発で、転入者数から転出者数を差し引いた「社会増」は全国最多の7万7810人。2位の神奈川(3万4327人)の2倍以上に上がった。

一方、人口が減少に転じたのは栃木、静岡の2県。
いずれも製造業が盛んな地域で「景気低迷で工場や事務所の閉鎖、縮小が相次いだことなどが影響した」(栃木県)もようだ。

人口減少率が全国で最も大きいのは秋田の1.07%減。
ついで青森(0.93%)や高知(0.89%)、岩手(0.84%)など、三大都市圏から離れた東北や四国、山陰が目立つ。

都道府県で最も人口が少ない鳥取は60万人を割り込み、東京の世田谷区や練馬区、大田区、江戸川区よりも少ない水準にまで落ち込んだ。

(日本経済新聞 2009年8月12日(水曜日))

日本人の半分以上が三大都市圏に住んでいるとはびっくり

東京の増加の原因は進学や就職、転勤などに伴う転入、ということですので
1人暮らしの人が増えているんですね。

マンション経営をするなら東京がいいということですね。
もっと詳しくはコチラで↓
不動産投資なら首都圏物件が狙いめ!!

等身大ガンダムに会いたいならお台場が狙いめ!!
ガンダム

話を聞きたいという方も、
資料だけ欲しいという方も、気軽にどうぞハート
資料請求

▲ Page Top