不動産投資ブログTOP  > 利回りの考え方

利回りの考え方

皆様、こんにちは。

今回は利回りの落とし穴、考え方についてお話しさせていただきます。

皆様が普段耳にする利回りとは表面利回りの事を指し

年間の家賃収入÷物件価格=表面利回り

という計算方法となりますが…

実はこの表面利回りは不動産を選択する基準としては不十分なのです。

 

なぜかと言うと、この表面利回りは

不動産の持つ収益性を正しく反映させた利回りとは言い難いからです。

 

仮に利回りの良い郊外の物件を購入したとしましょう。

 

1年間満室でいた場合の利回りが10%で、ずっと埋まり続けていれば

その物件の利回りは10%と断言して良いと思うのですが

万が一半年間入居者が決まらなければ利回りは半分になります。

 

また、入居者をどうにかして入れようとするあまり

家賃を低めに設定せざるを得なくなってしまうと

本来想定した収益が上がらなくなってしまうのです。

 

このようにあまり先の見えない利回り10%と、空室保証などにより家賃収入がほぼ確定している利回りでしたら

皆様はどちらの利回りで運用をしたいでしょうか。

 

上記の通り、不動産投資はその物件単体を見て判断するのではなく

総合的に判断し決めることが重要となるのです。

 

ただ皆様は普段お仕事などをされており、どんな物件が良いのかなど

判断することが難しい場合もあるかと思います。

 

そんな皆様の為に我々が不動産のプロとして

失敗しないマンション投資セミナーや個別相談会を行っております。

 

お客様のご要望に合わせたプランニングなども行っておりますので

是非、お気軽にお問い合わせください。

▲ Page Top