不動産投資ブログTOP  > 「マンション経営」で資産形成

「マンション経営」で資産形成

皆様、こんにちは。

シノケンハーモニーの福原です。

 

今回は資産形成について述べたいと思います。

 

 

そもそも「資産形成」という言葉を聞いたことはあると思いますが、

ご自身の「資産」と呼べるものを形づくることです。

 

 

株式や個人年金、もちろん預貯金も資産形成にあたります。

 

 

現在は労働による収入で生活を支えていられても将来ずっと収入が維持できるという保証はありません。

 

突然の失業や収入のダウンなどへのリスクも自分で考えなくてはならない時代です。

 

貯金する事は大切ですが、今日のような超低金利時代では利息はほとんど期待できません。

 

また株による資産形成ではハイリターンは期待できますが、それに伴うリスクも突然高くなります。

 

そんな中で今注目を浴びている資産形成があります。

 

それが「マンション経営」なのです。

 

マンション経営とはなんなのか?

 

マンションを1部屋単位で購入し、その部屋にご自身が住むのではなく、

賃貸住宅として貸し出す事で継続的に家賃収入を得るという資産運用の方法です。

 

今現在、賃貸にお住まいの方ですと、今まで支払っていた家賃を受け取る側にまわるという事になります。

 

 

本当にうまくいくのか?

 

という質問を頂く事も多くあるのですがご自身の経験を元にするとわかりやすいかと思います。

 

例えば、現在10万円のお家賃で賃貸住宅に住んでいた場合、1年120万円がかかり、

10年で1200万円、仮にずっと家賃で暮らされたと考えると、家賃をずっと支払い

何も資産が残らないという結果になります。

 

マンション経営の場合は銀行の借入をうまく活用する事で月々の返済額を家賃収入でほとんど、まかなう事ができるので自己資金を抑えて、取り組める資産形成方法と言えます。

 

またマンション経営のメリットは、長期間に渡って家賃収入という安定した「不労所得」を得る事ができることです。

 

マンション経営にはメリットもさまざまございますが、投資にはなりますのでリスクもございます。

 

弊社では「失敗しないための不動産投資セミナー」を無料で開催しておりますので、この機会に是非ご参加いただければ幸いです。

 

他にもご質問やご不明な点等がありましたら、些細な事でも構いませんので、お気軽にお問合せください。

 

皆様からのお問合せをお待ちしております。

▲ Page Top