不動産投資ブログTOP  > 不動産投資の失敗とは?

不動産投資の失敗とは?

皆様こんにちは。

シノケンハーモニーの鈴木でございます。

 

表題の件でございますが、

私が考える不動産投資の失敗とは、理想と現実のギャップ、計画性の有無だと考えております。

 

 

どういうことかと申しますと、例えばですが節税効果に惹かれ取り組みを決められたお客様がいらっしゃったとして

そのお客様が節税効果以外不動産投資にメリットを感じられていなっかた場合

そのお客様が35年ローンでお取り組みをされたとしいたら

おそらくお客様は35年間節税効果があるとお考えになられていらっしゃると思うのです。

 

そうなりますと、節税効果は実質数年で終わってしまうのが一般的ですので

お客様はそこで失敗したと感じられると思います。

 

また、計画性の有無に関しましては、突発的な出費に対応すべく貯蓄をしていなかったパターンでございます。

 

結論上記の場合に限らず、丁寧な営業マンがお客様の理解スピードに合わせ、しっかりとしたご提案をさせて頂いていれば、起きなかったこと、失敗と感じないと思うのです。

 

ですので、我々シノケンハーモニーは失敗しない不動産投資のポイントの一つに業者選びを選択しているのです。

 

また失敗しなければ不動産投資は成功だという考えのもと日々の業務に取り組んでおります。

 

その他色々なリスク回避方法など皆様がご検討するうえでお気になされるようなポイントをまとめたセミナーを随時開催しておりますので、

是非一度ご参加してみてはいかがでしょうか。

▲ Page Top