不動産投資ブログTOP  > 不動産投資の取り組む時期

不動産投資の取り組む時期

こんにちは。

シノケンハーモニーの藤田です。

 

当社がご紹介している「不動産投資」ですが

取り組む時期が重要な要素のひとつです。

 

それでは、取り組む時期はいつがいいのか。

 

 

これはいろいろとありますが、金利が安い時期に取り組みをすることが望ましいと思います。

 

不動産投資は現金購入されて運用をスタートする方もおりますが

ほとんどの方が、ローンを利用して運用をスタートされますので

金利の上下で運用状況に差が出ます。

 

 

では、今現状はどうかというと、金利が非常に低い時期です。

 

金利のレートには短期プライムレートと長期プライムレートの2種類があり

短期は景気連動、長期は国債連動となりますが

短期はここ十数年で見て、低い数値で数回しか金利変動はありませんし

長期は日銀の国債買いで非常に低く抑えられている状況です。

 

 

このような時期に「不動産投資」を始めれば

将来的に見ても、とても楽しみなはず。

 

何故、将来的に見ても楽しみなのか。

 

こちらについては、当社が開催している「不動産投資セミナー」で

詳しくご案内しておりますので、ご興味ご関心がございましたら

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

▲ Page Top