不動産投資ブログTOP  > 70歳以上 医療費上限上げ

70歳以上 医療費上限上げ

皆様、こんにちは、今年度新卒新入社員の平田です。

8月に入り、毎日暑い日が続いておりますが、お体には十分お気を付け下さいませ。

さて、本日は気になる新聞記事がございましたので、皆様にご紹介させて頂きます。

「70歳以上 医療費上限上げ」

 

「70歳以上 医療費上限上げ」

 

こちらの記事によりますと、70歳以上の高齢者の外来医療費について、自己負担の月額上限額を引き上げることが、2017年度までに法令改正にて実施されるようです。

そうすると、当然今まで以上に医療費にかかる割合が増えてきます。

 

恐らく、多くの方が70歳となると仕事を退職し、年金の生活を送ることかと思いますが、

今でも年金が不足しているわけですから、これ以上医療費が上がるようでは生活は苦しくなる一方です。

 

一般所得者の場合、今は最も高くても月1万2000円の負担で済んでいるが、最大で4万4400円にまで引き上げられる可能性もあるようです。

この差を1年に置き換えて考えてみると、なんと38万8800円になるのです。

 

私はこの数字を見た時に大変驚きましたが、皆様はどう思われましたか?

 

このように将来は不安も多く、なにがあるか分かりません。

年金にしても、この先もらえる保証はないのです。

その為、現在様々な投資がある中で、不動産投資に注目が集まっております。

皆様に、マンションを購入して頂きますが、そこに住むのではなく、

他人に貸して家賃収入を得ながら年金などの不足部分に充てて頂くのです。

 

更には、マンション経営にはそのような年金対策だけでなく、生命保険効果や節税効果まであるのです。

 

その他のメリット、また今回のご質問等につきましては、ぜひ一度当社までお問い合わせくださいませ。

皆様からのお問い合わせ、楽しみにお待ちしております。

▲ Page Top