不動産投資ブログTOP  > 退職を機に投資を始める

退職を機に投資を始める

皆さまこんにちは。

シノケンハーモニーの北岸です。

 

皆さまの中にも、退職を機にマンション投資に取り組むかご検討させている方も多くおられるのではないでしょうか。

 

2014年6月10日(火)の住宅新報にこんな記事がございました。

 

団塊世代が投資家層になる

 

内容と致しまして、アベノミクスに対する強い期待感と、20年の東京オリンピックに向けた高揚感が漂う今後数年間は、二極化を伴いながらも不動産市場が活気づくことは間違いないと予想しています。

 

特に注目すべきは投資市場であり、今年は団塊世代の最後の世代(1949年生まれ)が定年(65歳)を迎えるということです。

 

日本人はこれまで、働いて得たお金をコツコツと預金し老後に備えるという傾向が強いといえます。

 

しかし、今後は年金受給率の不安やインフレ対策として、お金を運用して資産を増やそうとする人達が増加すると予想されており、運用手段としてはやはり収益不動産への投資が主流になるといわれております。

 

そこで、幅広い職業の方や年齢の方から、大変注目されているのがマンション投資です。

 

投資である以上リスクもありますが、そのリスクを当社でお取組みになる事で限りなく

リスクをゼロに近づけ、メリットを最大限引き出した提案をさせて頂きます。

 

当社では失敗しないマンション投資を始めてもらえるよう無料のセミナーもご案内しております。

またセミナーに来場されるのが難しい場合は、無料の資料を送らせて頂きます。

皆様とお会い出来る日を、心よりお待ちしております。

▲ Page Top