不動産投資ブログTOP  > 運用のコツは、「長期・分散・低コスト」

運用のコツは、「長期・分散・低コスト」

皆様、こんにちは。

本日もシノケンハーモニーの不動産投資ブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

本日は雑誌にて気になる記事がございましたので、ご紹介させて頂きます。

以下 2020年1月21日、ダイヤモンドより抜粋

 運用のコツは、「長期・分散・低コスト」

資産運用のコツをまとめると、①長期投資、②分散投資、③低コストの3点に集約されるという。

不動産やNISAの投資をするまとまった資金がなくても始めることが可能。

しかも「長期・分散・低コスト」の原則に従った運用ができるので、失敗しにくくできているということだ。

 

以上、抜粋。

 

皆様、いかがでしょうか?

この記事で注目すべき点は、

しかも「長期・分散・低コスト」の原則に従った運用ができるので、失敗しにくくできているということだ。という部分ではないでしょうか。

平均収入は月11.4万円

これは今の年金受給者が受け取っている年金の金額です。

人生100年時代と言われている今、20年後、30年後に2割~3割は目減りすると言われているので、今後も寿命が延びることにより、受け取れる年金額は減る一方でしょう。

 

そして単身高齢者の平均支出は月15.5万円

仮に20歳から65歳まで働いた45年間と65歳から85歳まで退職後の20年間では、現役時代の労働時間と老後に過ごす自由な時間は同じといわれています。

しかし、今は人生100年といわれる時代なので自由な時間は長くなると予想されます。

これだけ自由な時間があるのにも関わらず、この金額で収まるのでしょうか。

中には支出を減らし、この金額に収めようと思う方もいるかもしれませんが、はたしてそれは充実した老後のライフプランと言えるのでしょうか。

老後に対する疑問を解消するために弊社開催のセミナーでは

今現状「私たちがいくら老後に必要なのか」

「将来に起こり得るライフイベントについての金額」

などスクリーンを観ながらわかりやすく例にしてお伝えをしています。

金額はお客様のご年齢や支出に合わせながらお伝えをしていますので、セミナー後は多くの個別相談も頂いております。

今現状の事に目を向け、いつか訪れる老後、ライフイベントに対して取り組めることをまずは確認してみませんか。

これからの時代にどうするべきなのか

どのように対策を講じていけばよいのか

当社では無料でご参加できます「失敗しない不動産投資セミナー」を随時開催しております。

お陰様で40,000名様を超えております。

皆様のご来場を心よりお待ちしています。

 

トップページへ戻る ⇒ https://www.mansiontoushi.com/

<無料>不動産投資セミナーの日程を確認する ⇒https://www.mansiontoushi.com/seminar/

<無料>不動産投資を自宅で学ぶ!冊子&ムービーの取り寄せ https://www.mansiontoushi.com/owner/

▲ Page Top