不動産投資ブログTOP  > 世界幸福度ランキングで日本は58位

世界幸福度ランキングで日本は58位

皆さん、こんにちは。

いつもシノケンハーモニーの不動産投資ニュースコラムをご覧くださいまして、誠にありがとうございます。

今回は老後の年金問題についての記事を見つけたので、ご紹介させていただきます。

日本経済新聞より一部抜粋

人生100年時代の年金制度 老後の生活設計に多くの不安

年金制度を考えるとき、何歳まで働き、何歳から年金を受給するかは重要な問題です。また、年金だけで生活できるのかという不安もつきまといます。

年金制度への不安や老後の資金不足への懸念は、国民の幸福感にも影響を与えているようです。国連の世界幸福度ランキング(2019年)で日本は58位と先進国のなかで低い状況です。

幸福感に影響するのは婚姻状況や所得・資産・教育・安定就業、健康状態、人とのつながり等であることが知られています。

所得・経済状態は幸福感に大きなインパクトを持ちます。平均で高齢者世帯の老後収入源の約6割は、年金で支えられています。

年金制度が揺らぐと、私たちの幸福感や老後の安心感も大きく揺らぎかねません。

なぜ、老後の安心を高めるはずの年金制度が、逆に老後不安の一因にもなっているのでしょうか。

年金の仕組みが複雑で分かりにくいこと、総額でいくら払い、受け取れる年金はいくらかが計算しづらいことが影響しているのでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

ここ最近は老後の年金問題の話題が多いようですね。

一昔前までは、老後の生活資金は年金で賄うことが出来たので、将来への不安なく、安心して老後を迎えることができましたが、私たちの将来は、どうなるのでしょうか。

少子高齢化が進み、1960年は年金受給者一人を、現役世代が11.2人で支えていましたが、現在は、受給者一人を、2.3人で支える時代です。

今後も状況が悪化するのは明らかで、2030年には、ついに支え合いが限界になると言われているようです。

そうなれば必然的に、支える側の保険料は上がり、支えられる側の給付額は抑制されます。

このような状況のなか、年金の未納者が増加するため、更に将来の年金に対する不安が大きくなりそうです。

幸福度ランキングでも日本は先進国にも関わらず、低い結果となっています。

少しでも老後に安心した生活が送れるように今から自助努力をする必要がありそうですね。

当社では、「人生100年時代」をテーマに老後の資産形成、不労所得などの対策をセミナー形式で皆様に講演しています。

十分な年金を貰えるかどうか分からずに待つのか、それとも今から年金の対策をするのか。

先行き不安な老後を当社で解決してみませんか?

皆様からのお問合せを心よりお待ちしております。

▲ Page Top