不動産投資ブログTOP  > 駅から1分離れると平米あたり18000円価値が下がる

駅から1分離れると平米あたり18000円価値が下がる

皆様こんにちは。

梅雨が明けたとたん、猛暑となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

本日もシノケンハーモニーの不動産投資ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

不動産について、面白いニュースを見つけましたので、ご紹介したいと思います。

以下、6月8日 BIGLOBEニュースより抜粋

物件価値”駅から1分ごとに100万円下落”

■駅から1分ごとに100万円の下落

マンションの価値を維持または上昇する物件は、上位10~15%のみ。徐々に価値を下げるものが70%、無価値またはマイナス価値になるものが15~20%となります。

物件が駅に近ければ近いほど、不動産価値の下落は抑えられます。逆に駅から遠い物件は、速いスピードでとことん弱くなっていくでしょう。

具体的にいえば、駅から1分離れれば平米あたり1万8000円価値が下がります。

たとえば、65平米3LDKのマンションならば、駅から1分離れるごとに約100万円ずつ下がっていきます。10分で約1000万円、ものすごい下落率ですよね。

売りやすい家と、そうでない家の境目。マンションだと駅から徒歩7分、一戸建てだと15分が目安です。それを超えると、途端にニーズがなくなります。

駅から距離がある物件は、空き家になったら一日も早く、一秒でも早く売りに出しましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

ちょっと衝撃的な内容ですよね。

なんとなく駅近物件っていいな、どうせだったら駅から近い物件のほうがいいな。等と漠然と考えている人も多いのではないでしょうか。

それを物件価値という、具体的な数値で示すと、駅から近い物件と、距離がある物件では1分で平米あたり1万8千円の価値の差。

また、価値の下落スピードもものすごく変わってきます。

賃貸等では、駅からちょっと距離がある方が、間取りに対しての家賃が安い物件も多いので、選ぶ方もいると思います。

しかし、オーナー様として運用されるとなるとどうでしょうか。

ご自身の財産である物件の価値がどんどん下がっていき、やがては無価値、マイナス価値になってしまうなんて絶対に避けたいですよね。

物件選びのポイントは、上記からもわかるように立地が非常に大切になってきます。

更に言うと、立地の良い物件を多数取り扱っており、安心して管理を任せられる業者選びが大切です。

シノケンハーモニーでは、土地の仕入れから、お引き渡し後の管理まで、すべて一貫して行っております。

新築、中古の物件共に、土地の仕入れの段階から厳選した好立地の物件を数多くご紹介させて頂いております。

将来も価値が下がらない物件をお探しの方、長期的に安定した運用をされたい方、是非、お問い合わせいただければ幸いです。

皆様のお問い合わせを心からお待ちしております。

▲ Page Top