不動産投資ブログTOP  > 「2000万円不足」問題のため「自分年金つくり」に取り組む人増える。

「2000万円不足」問題のため「自分年金つくり」に取り組む人増える。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

いつもシノケンハーモニーの不動産投資ニュースコラムをご覧いただきまして、ありがとうございます。

先日少し興味深い記事を見つけましたのでご覧ください。

以下、日本経済新聞6月19日(水)より抜粋

投資目的「老後資金」38%でトップ 日経マネー調査 iDeCo利用率、3割に迫る

個人投資家の約4割が「老後資金づくり」を目的に投資を行っていることが雑誌「日経マネー」の調査で分かった。50代では54%、60代では44%にのぼる。

「老後資金は夫婦で2000万円が必要」とする金融庁の報告書が物議を醸しているが、公的年金の減額や長寿化に備え「自分年金づくり」に取り組む個人投資家のすそ野は広がっている。

■20代「今の収入に不安」

調査は日経マネーが4月12~30日にインターネット上で実施。1万2630人から回答を得た。投資を行う目的について聞いたところ、「老後資金づくりのため」が38.3%でトップ。「生活資金の上乗せのため」「投資自体が楽しいから」が続いた。

投資目的を年代別に見ると、30代以上の全世代で老後資金が1位だったが、20代は「給与収入だけでは不安だから」が18.2%で最多。「生活資金の上乗せのため」と答えた人も14.7%いた。

将来への備えより現在の暮らしへの不安解消を優先する20代の実情が浮かび上がる。

いかがでしょうか。

 

この記事では「日経マネー」の調査によると投資家のおよそ4割の目的は老後資金であることを発表しました。

また最近では、老後2000万円不足問題も話題に上がる中で、今後も老後の備え目的に投資を始める方はますます増えると予想できます。

更にこの記事には、20代の投資目的の一番の理由は、給与収入だけでは不安というような記載がありました。

現在の暮らしが不安であるならば将来への暮らしはもっと不安なはずです。

例えば、 医学の進歩やAIの発達です。

医学の進歩によって以前に比べると確かに病気のリスクを抑えることができています。

これにより健康寿命が延びて、人生100年時代に突入しました。

セカンドライフとも言われる老後にどれだけ預金を残していけるでしょうか。

また、AIの発達によって人間の職が奪われてきています。

健康に働いていても働く場所を確保できる保証はありません。

そのような中で自らが働かなくても、自動的に収入が入ってくる不労所得の仕組みを今から準備しておけば、素敵なセカンドライフが待っているでしょう。

弊社では堅実な不労所得の選択肢を1つご提供しております。

是非一度お話を聞かれてみてはいかがでしょうか。

皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております。

▲ Page Top