不動産投資ブログTOP  > 2000万円が不足?!それだけの貯金をどう作ればいいのか

2000万円が不足?!それだけの貯金をどう作ればいいのか

皆さん、こんにちは。

いつもシノケンハーモニーの不動産投資ニュースコラムをご覧くださいまして、誠にありがとうございます。

今回は老後の問題についての記事を見つけたので、ご紹介させていただきます。

2019年6月3日(月)日本経済新聞より一部抜粋―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書

金融庁は3日、人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書をまとめた。長寿化によって会社を定年退職した後の人生が延びるため、95歳まで生きるには夫婦で約2千万円の金融資産の取り崩しが必要になるとの試算を示した。

公的年金制度に頼った生活設計だけでは資金不足に陥る可能性に触れ、長期・分散型の資産運用の重要性を強調した。

金融審議会で報告書をまとめ、高齢社会の資産形成や管理、それに対応した金融サービスのあり方などを盛り込んだ。

平均的な収入・支出の状況から年代ごとの金融資産の変化を推計。男性が65歳以上、女性が60歳以上の夫婦では、年金収入に頼った生活設計だと毎月約5万円の赤字が出るとはじいた。

これから20年生きると1300万円、30年だと2千万円が不足するとした。

長寿化が進む日本では現在60歳の人の25%は95歳まで生きるとの推計もある。

報告書では現役時代から長期積立型で国内外の商品に分散投資することを推奨。定年を迎えたら退職金も有効活用して老後の人生に備えるよう求めた。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

いかがでしたでしょうか。

記事によると、定年退職後の老後の資金が2000万円足りないそうです。

深刻な問題ですね、、、

では、今から貯蓄をしていけば間に合うのでしょうか。

例えば定年退職を65歳と過程した場合、30歳から貯蓄を始めた場合は毎月約48,000円、40歳だと約67,000円、50歳だと約120,000円という計算となります。

これだけの資金をこの期間だけで準備することは可能なのでしょうか。

しかし、この事実から目を背けてしまった方が、老後破産という事態を招いているそうです。

私たちは今から、将来の準備をする必要があるのではないでしょうか。

金融庁の発表は、多くのメディアが新聞やTVで取り上げられています。

老後の収入が足りないと思うのであれば、「働いて収入を増やす」「節約して出費を減らす」「資産形成・投資をする」という3つの行動を推奨しているそうです。

1つ目の働いて収入を増やす方法は、働ける年齢や健康状態に限りがありますので現実的ではありません。

2つ目も、すでに老後の資金を準備されている方は、節約して出費を抑えれば何とかなるかもしれません。

しかし、そういった方は少ないのではないでしょうか。

3つ目の資産形成や投資であれば、失敗さえしなければ安心できる老後の資金を作ることが可能ではないでしょうか。

当社では、、無料の「失敗しない不動産投資セミナー」を随時開催しております。

金融庁の発表から老後を心配する方が急増し、お問合せ、参加される方が大幅に増えました。

老後の資産形成をまだご準備されてない方。是非当社のセミナーや個別相談にご参加くださいませ。

皆様からのお問合せを心よりお待ちしております。

▲ Page Top