不動産投資ブログTOP  > フラット35の不正利用疑惑

フラット35の不正利用疑惑

皆さん、こんにちは。

本日もシノケンハーモニーの不動産投資ブログをご覧いただけましてありがとうございます。

本日は2019年5月15日(水)の日経新聞の記事をご紹介させていただきます。

 フラット35の不正利用疑惑

長期固定金利型の住宅ローン「フラット35」の資金使途が自己に居住用ではなく投資用だったという不正利用疑惑を受け、住宅金融支援機構は全ての融資先について同様の事例がないか調査を始める。

自己の居住用か投資用なのか判別しにくい場合も予想され、対策の課題になりそうだ。

長期の固定金利で資金を借りられるフラット35は、本人や親族が住む住宅の購入資金を機構と提携した金融機関が融資する。

第三者に貸す投資用物件の購入資金に充てることは認めていない。

~ここまで抜粋~

 

いかかでしたでしょうか?

投資用マンションにフラット35を利用することは、認められていないので不正となります。

不正が発覚すれば一括返済を求められる場合もあります。

ではなぜ、不正と分かっていても利用してしまう方がいるのか・・・?

年金問題や老後不安等、様々な問題があるため、何かしなくてはと不動産投資を選ばれる方が大変多くいらっしゃいます。

昨今、融資を組む際の条件が厳しくなっていることから不正をしてまで不動産投資を始め、資産を形成したい。とお考えになられている方が非常に多いのではないでしょうか。

皆様も、少なからず不安を抱えてはいませんか?

当社では、多くの金融機関と提携を組ませて頂いておりますので、皆様に最良のご条件でご紹介することが可能です。

また、老後不安や年金問題の対策などに対して無料個別相談会を全国各地で随時行っております。

ベテランのアドバイザーが初心者の方でも分かりやすく丁寧にご説明させて頂いております。

是非ご気軽にご参加ください。皆様のご参加を心よりお持ちしております。

▲ Page Top