不動産投資ブログTOP  > 初診料を30円前後引き上げへ 消費増税対応

初診料を30円前後引き上げへ 消費増税対応

皆様、こんにちは

本日もシノケンハーモニーの不動産投資ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

本日は「消費税増税後」について興味深い記事が掲載されていましたので、ご紹介させて頂きます。

以下 平成31年1月10日 日経新聞より抜粋

厚生労働省は9日、10月に予定する消費税増税に伴い、初診料を今の2820円から30円ほど引き上げ、2850円前後にする方針を明らかにした。

2回目以降の診察にかかる再診料は720円から730円前後になる。

実際に患者が支払う金額はこのうち1~3割。医療費は非課税だが、医療機器の仕入れには課税されるため、増税分を賄えるようにする。

同日に開いた中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)で方針を示した。

医療サービスの公定価格である診療報酬は非課税なため、増税分を上乗せするため10月に改定する。

診療報酬は全体で0.88%の引き上げとなる。保険料や自己負担、税金を含めた医療費に換算すると年間で約4100億円になることも報告した。

内訳は医師の技術料にあたる本体部分が0.41%のプラスで1900億円。

薬価などが0.47%のプラスで2200億円。

以上、抜粋。

 

この記事によると

 

消費税増税後に病院での初診料の引き上げるとのことです。

金額は30円の引き上げとなりますので

これから上がる消費税より高い金額での引き上げとなります。

 

現在日本では消費税増税を理由に

私たちが必要とする多くの商品が消費税以上に引き上げをおこなっています。

 

今後の私たちの生活に多くの影響を与えていきますね。

 

その為に、今後は今より少しでも収入を増やすべきではないでしょうか。

 

社会的影響により

消費税や商品の値段が上がったとしても

お仕事とは別口で収入源を確保できれば

ある程度、余裕が持てるのではないでしょうか。

 

これからの人生100年時代を生き抜くためには

どのように資産を築いていくかが非常に大切なポイントです。

 

なぜ不動産投資なのか?

今から何を始めればいいのか?わからない方も多く

弊社では「定期的に人生100年時代」や

入門的な「失敗しない不動産セミナー」を開催しております。

これからの人生をどう生きるか。

ご興味がある方は是非お越しくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

▲ Page Top