不動産投資ブログTOP  > 貯金したければ「貯めるシステムつくり」を

貯金したければ「貯めるシステムつくり」を

皆様、こんにちは

本日もシノケンハーモニーの不動産投資ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

本日は「貯金」について興味深い記事が掲載されていましたので、ご紹介させて頂きます。

以下 平成29年12月21日 日経新聞より抜粋

◆財形貯蓄なら給与天引きで確実に貯まる
誰もが成し遂げたい「貯蓄1000万円」。その道のりは長いですが、そのためには何をすれば良いのでしょうか。
ファイナンシャル・プランナーの藤川太さんに伺いました。

1000万円を貯金したいと考えている人はまずは100万円貯金を目標にします。

そのために毎月いくら貯めるのか、積立額が決まったら「貯めるシステム作り」に取り組みます。積み立ては続けてこそ効果を発揮するもの。

「金利の有利・不利などは気にせず、ラクに続けられるシステムの商品を選ぶのが最大のポイントになります。一度手続きをしたら、あとは自動的に積み立てられる商品があるので、その中から選びましょう」

 

以上、抜粋。

この記事によると

貯金をするために貯めるシステムをご自身で作るとのことです。

自動的に貯まるシステムの例でいうと定期預金や、貯蓄型保険などもあります。

そうやって自動的に貯まるシステムをご自身で作ることが成功のポイントではないでしょうか。

そうすれば、ついつい「今月はお金を使いすぎてしまった」などと失敗することを事前に予防でき、安定的に貯蓄を行うことができます。

このように効率よく資産を作っている方は、実は不動産投資も取り組む方が多くなっています。

これからの人生100年時代を生き抜くためには、どのように資産を築いていくかが非常に大切なポイントです。

なぜ不動産投資なのか?

今から何を始めればいいのか?わからない方も多く弊社では「定期的に人生100年時代」や入門的な「失敗しない不動産セミナー」を開催しております。

これからの人生をどう生きるか。

ご興味がある方は是非お越しくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

▲ Page Top