不動産投資ブログTOP  > 進化するAI。20年後には本当に49%の仕事をAIがするのか?

進化するAI。20年後には本当に49%の仕事をAIがするのか?

皆様こんにちは。

本日も、シノケンハーモニーの不動産投資ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は、進化して行くテクノロジーについて少しお話しさせて頂きます。

皆様は、今どんなお仕事に就いていらっしゃいますか?

皆様の得意分野はなんでしょうか?

就職難の時代とは打って変わって、どこの企業も人手不足が続いている状態で、学歴やキャリアに関係なく、どこかの会社に就職をする事が可能な時代となりました。

皆様、今現在私たちの住む日本には、どのくらいの種類の仕事があるかご存知でしょうか?

なんと、現在日本には約17000種類の仕事があるそうです。

また、今現在の日本の労働人口は約6万7000人います。

つまり、約6万7000人が17000種類の仕事から1つを選び仕事をしています。

 

皆様、もし近い将来、今見て頂いた労働人口の約半分が職を奪われてしまうとしたら、、、そんな近未来を想像してみた事はございますか?

どこか実感の湧きづらいお話しだと思いますが、実は近い将来のお話しだという事を皆様ご存知でしょうか?

野村総合研究所の発表によると、2038年、つまり今から約20年以内に現在の労働人口の約49%が、AIによる代行可能という研究結果が発表されています。

もちろん、代行をするかしないか、というのは企業の経営方針次第ではございますが、どの企業も、経営をする上で【人件費】が経費の大半を占めている事がほとんどで、会社の設立サポートをしている会社などでも、中小企業の場合、人件費が会社の売上の50%以下に抑えられている企業に関しては、かなり上手く経営が回っているという見方をしています。

つまりは、売上の半数以上を人件費が上回っている企業は大変多いという事です。

企業は、働いている人間に対して、賃金を払い、有給を与え、一日8時間程度しか働かせる事の出来ない人から、24時間365日働いてくれ、賃金の必要のない人工知能へ作業員を変えていく事によって、どれだけ人件費の削減が可能になるのでしょうか?

皆様が、経営者として会社を経営し、人工知能にその仕事を任せる事が出来たとしたら、それでも、高い賃金を払い続けながら、人を雇うでしょうか?

人工知能が社会で活躍する後押しをするような、こんな記事を見つけました。

 

グーグルAI「囲碁・将棋・チェスを制覇」

2018年12月7日日本経済新聞より一部引用

米グーグル系の英ディープマインドは6日、世界最強で知られる同社の囲碁向け人工知能(AI)を将棋とチェスにも適用し、両分野でも世界トップの実力を得たと発表した。

「独学」で強くなるAI技術を汎用化して三大対局ゲームで王者の地位を手にした。今後はゲームで得たAIの知見を医療や省エネなど他分野に応用させていく方針だ。

米学術誌サイエンスがディープマインドのAIソフトウエア「アルファゼロ」の技術論文を掲載した。同AIは囲碁で17年に世界トップの実力を手にしていたが、同じアルゴリズムを使って将棋、チェスでも世界最強のソフトウエアをつくりあげたことが専門家のレビューを通じて証明された。

ディープマインドが手掛けるソフトの特徴は「強化学習」と呼ばれる手法を駆使して、AIが独学で能力を高めていく点だ。人間は将棋やチェスのルールを教えるだけ。その後は別のソフトを相手に数十万回単位で対局を繰り返し、高いレベルの駒の打ち方を学んでいった。

チェスでは世界最強ソフトとされる「ストックフィッシュ」と1000回対局して155勝6敗、残りは引き分けだった。将棋は「エルモ」と呼ばれる世界最強ソフトと競い91.2%の勝率を得た。囲碁は自社の「アルファ碁」と戦い勝率61%だった。

ディープマインドによると難易度が最も高いゲームは囲碁だが、将棋も「持ち駒があることでチェスよりもシナリオが複雑で難解」(同社)。それでもAIとして独学を始めて12時間程度で学習を終えたという。

アルファゼロは3つのゲームに対応したことでAIアルゴリズムの優位性を示した。チェスのストックフィッシュは数千ものプロの定石を「先生データ」として取り込み、それを基に最適な一手のシナリオを導いている。経験から学ぶアルファゼロは整理されたデータを先生として用意する必要がなく、汎用性を高めやすい。

ディープマインドはゲームの枠を超えた汎用AIの実現を目指す。カナダのモントリオール市で記者会見したデミス・ハサビス最高経営責任者(CEO)は「アルファゼロは次に向けたステップだ」と発言。医療や省エネなど「世界のより重要な課題の解決にアルゴリズムを活用したい」と述べた。

同社はAIでたんぱく質の構造を予測する「アルファフォルド」を3日に公表したばかり。また10月には日本の慈恵医科大学と組みX線画像から乳がんを見つける研究を始めると発表している。

アルファゼロがもたらしたもう一つの成果は、過去のデータやシナリオに頼らない新たなAIのあり方を研究者らに知らしめた点といえる。アルファゼロの100局分の棋譜を見た羽生善治竜王は「王将を中段に動かすことをいとわないのは今までの将棋理論にはなく、新たな可能性を示している」とコメントした。AIから創造性が生じれば、その用途は絵画や音楽などにも広がっていく。

英ケンブリッジ大学の博士号取得者など世界のエリートAI研究者が集まるディープマインドは2014年、グーグルが買収した。16年に囲碁AIソフト「アルファ碁」で韓国のイ・セドル九段に勝ち世界的な注目を集めた。

引用終わり

 

いかがでしたでしょうか?

囲碁や将棋、チェスも、何通りもの手数があり、相手の心理を読み取る。

いわば、人の心が分からなければ勝利する事の出来ない競技ですが、どの競技においても、トップクラスの実力との戦いで勝利を収めています。

元々、人工知能AIとは、私たち人類と同じレベルの仕事や処理能力を持つ事を目標に作られたという諸説がありますが、今では人間の能力を超えているのが大前提であり、どこまで人間以上の能力を発揮する事が出来るか?という点に重点をおかれています。

 

人間を超える人工知能、心理戦に大勝を収めた今回の記事。

AIが49%の職業を奪ってしまう未来は、そう遠くないのではないでしょうか?

現実に起こってしまえば、2人に1人はAIに職を奪われてしまう事になります。

選別の時代は、既に訪れているのかもしれません。

現在、AIが代行可能とされている職業の中には、専門職や技術職もあります。

その為、例え有資格者だとしても、技術者だとしても、管理者だとしても、あなたの職は奪われてしまうのかもしれないのです。

そうなった時に、過去に戻り、転職をしたり、違う技術を身に着けたり、仕事以外でも収入を作るなどは、今の科学技術では、難しいのが現実です。

しかし、事前にこの様な未来に起こり得る出来事を予測し、対策をして、自分自身の未来を変える事は出来ます。

その為に、職を失ってしまったとしても、生活が出来る様に【不労所得】を得られる環境づくりを今から始めてみませんか?

 

株式やFX、投資信託と違い、低いリスクで長期的なリターンを得られる投資についてお教えします。

弊社では、外部の先生や人気講師による「失敗しない不動産投資セミナー」を随時開催しております。

お蔭様で40000名様以上にご参加頂いた大変人気のセミナーです。

現在無料にて、ご参加受付をしておりますのでご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください。

▲ Page Top