不動産投資ブログTOP  > 住宅用賃貸物件の成約者数、増加傾向。

住宅用賃貸物件の成約者数、増加傾向。

皆様、こんにちは。

本日もシノケンハーモニーの不動産投資ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

昨今不動産投資が一種のブームとなっています。

有難いことに、弊社へのお問い合わせも昔に比べて増えてきております。

不動産投資を通して将来の資産形成に成功される方がいる一方で、メディアで取り上げられるように、失敗される方がいらっしゃるのも事実です。

不動産投資の一番のリスクは「空室リスク」です。

実際にお問い合わせ頂いたお客様の中でも「空室が怖くて…」とおっしゃる方は多くいらっしゃいます。

そんな方に朗報がございます。

先日の日経新聞の記事をご紹介致します。

(2018年6月27日 日経新聞日刊より)

不動産情報サービス大手アットホーム(東京・大田)がまとめた5月の首都圏の居住用賃貸物件の成約数は1万6356件と前年同月に比べ1.1%増えた。増加は5カ月ぶり。

全体の56.7%を占める中古マンションの成約が、新築見合いでの割安感から5カ月ぶりに増加に転じた。

 特に増加率が高かったのが神奈川県で、4437件と9.4%増えた。立地の良い横浜・川崎エリアがけん引し、8カ月ぶりにプラスとなった。

東京都区部もマンション・アパートともに成約が伸び、7436件と1.6%増えた。

(引用終わり)

 

如何でしたでしょうか。

上記記事を見ると賃貸需要は現在増えているようです。

晩婚化が進み、単身者世帯が更に増加していくこれからの時代、ファミリー向けのマンションが供給過剰となっている一方で、単身者向けの賃貸の需要は特に増えていくと考えられます。

しかしそれだけで本当に「空室リスク」の回避はできるのでしょうか…。

また別のリスクも考えられるのではないでしょうか…。

弊社では創業28年のシステム・ノウハウを基に「失敗しないマンション投資」を多くの皆様へ提供して参りました。

「失敗しないマンション投資」の真髄とは何なのか、どのようにリスクを回避すればいいのか。

是非一度お話を聞きに来られてください。

皆様からのお問い合わせ、心よりお待ちしております。

▲ Page Top