不動産投資ブログTOP  > 東京都中央区の人口、59年ぶりに16万人超

東京都中央区の人口、59年ぶりに16万人超

皆様こんにちは。

シノケンハーモニーのマンション投資ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

本日は5月14日 (月) の日本経済新聞の記事から、下記の記事をご紹介させて頂きます。

東京都中央区の人口増に拍車がかかっている。

2017年1月、55年ぶりに15万人を超えた人口は1年4カ月で1万人増加。14日に16万人を突破した。区内では20年東京五輪後にマンションに転用される選手村が建設されるなど人口はさらに増える見込み。

区は今夏にも住宅政策を転換して人口増を抑える方針だが、保育所などのインフラ整備が追いつかない状況は当面続きそうだ。

14日時点の中央区の人口は住民基本台帳ベースで16万28人。月600人程度のペースで増えており、年間5%程度の伸び率だ。16万人を超えるのは59年ぶり。

区の人口は1950年代の約17万人をピークに減り続け、90年代には約7万人まで落ち込んだ。区は容積率の緩和でマンションなどの住宅建設を後押しする人口回復策を導入。その後は増加に転じ、17年1月に15万人台を回復していた。

人口増の主因は東京への一極集中と、それを背景にした活発なマンション建設だ。不動産調査会社の東京カンテイによると、中央区ではここ数年、総戸数100戸未満の中小規模のマンションで1000戸前後の供給が続いている。

さらに総戸数が数百戸規模のタワーマンションが建つと一気に跳ね上がる。15年と16年は供給戸数が計3000戸を超えた。

 

上記の記事から分かるように東京都心部の人口は年々増加しています。

これからさらに都心のマンションの需要は増え価値も上昇することが見込まれます。投資先の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

弊社では「失敗しない不動産投資セミナー~人生100年時代へ~」を随時開催しております。

ベテランのセミナー講師が、初心者の方でも分かりやすく、丁寧にご説明させて頂いておりますのでお気軽にご参加して頂けます。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

▲ Page Top