不動産投資ブログTOP  > 本当の利回りとは

本当の利回りとは

よく「利回り10%で高利回り」などという宣伝が多く記載されています。

しかし、そもそもこの「利回り」なぜ重要視されているのでしょうか?

利回りとは簡単にいうと、その物件がどのくらい収益を上げられるかを図る指針となります。

購入側はこの利回りを基準に収益性を図るのです。

利回り=年間の家賃収入÷物件価格で計算されます。

ここで皆様は必ず確認しなければいけないのは「表面利回り」と「実質利回り」です。

それぞれグロス利回り、ネット利回りとも言われます。

「表面利回り」とは上記計算式のように家賃収入が年間100%入ることを想定し他、コストも加味せず、物件価格から割り出す数字です。

しかしこれでは、実際に不動産投資を始めた際に起こり得る空室や建物管理コストが含まれておらず「こんなはずではなかった・・・・・」と失敗する方を多く見かけます。

特に「満室想定利回り」という言葉には気を付けてください。

あくまでも、空室が発生しない前提で計算されている理論値です。

たとえば、家賃6万円のお部屋が720万円の場合、利回りは10%と計算されますが実際1年間の内、空室が4か月もあれば6.6%に下落します。

また入退去におけるリフォーム費用ご自身で賃貸募集を街の不動産屋さんに依頼する場合の広告料などの出費も考慮すると5%台4%台と、期待していた利回りはどんどん低下いたします。

以上を考慮して実質利回りにて物件を見極める必要があります。

表面的な過大広告に惑わされず、確実な情報のもと物件選びを行ってください!!

物件選びのポイントも弊社開催の無料不動産投資セミナーにて随時情報提供をしております!!

この機会に是非ご参加ください!!

▲ Page Top