不動産投資ブログTOP  > シノケン、投資用マンション販売会社「えん」を関連会社化

シノケン、投資用マンション販売会社「えん」を関連会社化

シノケングループ(福岡県福岡市)は、投資用マンション企画・販売の「株式会社えん」(福岡県福岡市)に出資し、関連会社化すると共に業務提携を締結しました。

詳しい記事下矢印クリック

福岡市内での販売力強化

1月25日にえんの新規発行株式70株を引き受けると共に発行済み株式150株を譲受します。

出資総額は3億6960万円です。

シノケングループはえんの発行済み株式総数の33.8%を保有することになります。

持分法適用の関連会社化することで関係強化を図ります。

博多パース

業務提携により、シノケングループが開発した物件をえんが販売する共同事業を開始します。

シノケンの子会社で首都圏を中心に投資用マンション販売事業を行う日商ハーモニーと販売ノウハウ・物件情報等の共有も行います。

首都圏・福岡都市圏両地域にて顧客層の拡大、販売競争力の強化を図ります。

シノケングループが展開する中国人投資家をターゲットにした不動産販売事業でも、えんに対して顧客を優先的に斡旋していきます。

将来的には日本人投資家の中国不動産への投資も視野に入れてます

えんは福岡都市圏を中心に投資用マンションの「エンクレストシリーズ」を展開しており、以前からシノケングループと取引関係がありました。

平成21年12月期の業績見込みは、売上高90億7310万円、経常利益2億42万円です。

えんを関連会社化することにより、福岡市内での販売強化をしていきます。

資料請求

マンション投資 動画バナー

▲ Page Top