不動産投資ブログTOP

相続税対策

皆様、こんにちは。

シノケンハーモニーの田中でございます。

 

相続税対策ともなります不動産投資!

今回は、現金を不動産に組み替えて賢く節税をする例

ご紹介したいと思います。

 

【田中さん(男性・40代)会社員 6000万円の相続の場合】

現金を多く相続されると節税は出来ないため、

現金で投資用不動産を購入して、節税することにしました。

 

アパート1棟を購入する選択肢もありますが、

地震や火災によるリスクが高いため、田中さんは区分収益マンションに決めました。

立地を変えて区分収益マンション2か所を購入することで、一方が空いたり事故が起こったりした場合でも、

もう一方が稼働していれば損害は回避できます。

 

この収益マンションは、自宅からは離れていますが、将来は田中さんが相続することを前提として、立地を決めて購入する事にしました。

 

人気の高いエリアにある為、賃貸需要が高く、いつでも賃貸人が見つかる好物件です。

 

現金のままにしておくと、資産も増えず節税対策にもなりません。

一部を不動産にすることで、家賃収入が入るため、楽しみも増えたと言えます。

 

■対策のポイント

1.現金は評価を下げることが出来ないため、そのまま持っているのは不利

2.現金を収益不動産に組み替えることで、評価額を大幅に下げることが出来る

3.同じ立地ではなく、場所を変えて物件を購入することで、リスク回避となる

 

相続税にお困りのお客様には、

円満で負担のない相続を用意されることを祈念いたします。

 

また、ご自身に必要な相続の対策方法を選んで頂くときに、

弊社の商品もその候補の1つに挙げていただき、

お手伝いすることができれば幸いです。

 

どうぞお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

 

なぜ不動産投資を選ぶのか

皆様、こんにちは。

 

皆様は将来の資産形成をどの様にお考えになられています?

近年、資産形成を目的として、「不動産投資」をお取組みされるオーナー様が非常に増えています。

 

不動産投資以外にも、資産形成をする方法としては様々ありますが、その中で多くの方はなぜ不動産投資を選ぶのでしょうか?

続きを読む

▲ Page Top