不動産投資ブログTOP

コインランドリー投資はいい投資先なのか

皆様こんにちは。

今回は、2017年1月23日の全国賃貸住宅新聞という不動産業界の新聞よりお話させて頂きます。

タイトルは

コインランドリー投資が活発

続きを読む

子供に投資するとリターンが得られた時代は終わった

皆様、こんにちは。

今回は2月20日の日経新聞より

〜子育てとお金の問題〜

子の学費と自分の老後についてお話したいと思います。

続きを読む

貯蓄額が900万円以上でも老後の生活資金に不安

皆様、こんにちは。

最近、弊社では20代、30代の若い方からのお問い合わせが非常に増えております。

本日は、なぜ若い世代の方からのお問い合わせが増えたのか、実際にお問い合わせ頂いております。

続きを読む

減り続ける年金受給額

皆さんこんにちは。

本日は危ぶまれる年金受給額について減少したという記事をご紹介いたします。

続きを読む

赤字額6000億円膨らむ

皆様こんにちは。

先日の日経新聞の記事をご紹介させて頂きます。

※以下「1/20日本経済新聞」一部抜粋

基礎的財政収支、20年度6.4兆円赤字に 税収鈍化が響く

29.4.13日本経済新聞 日刊 「赤字額6000億円膨らむ」

財務省は2020年度の国の基礎的財政収支(プライマリーバランス)が6.4兆円の赤字になるとの試算をまとめた。

足元の税収鈍化の影響で、昨年1月にまとめた試算よりも赤字額が6000億円膨らんだ。

安倍政権が掲げている20年度の黒字化目標の達成が一層険しくなった形だ。

基礎的財政収支は、予算案の歳出総額から国債費を除いた政策経費から税収などを差し引いた指標。

安倍政権は高成長による税収増で目標を達成する姿を描いていたが、17年度の税収見通しは前年度比1000億円増にとどまった。

試算によると、20年度の基礎収支の対象経費は78.4兆円。

高齢化によって社会保障費が35.8兆円と17年度比で3.3兆円伸び、歳出を押し上げる。

一方、税収は67.1兆円にとどまり、前年度予測の69.5兆円より2.4兆円減る。

利払い費などを含めた20年度の国債費は金利が1%上昇すると3.6兆円増2%上昇で7.3兆円増となる。

名目成長率が1%上がった場合の税収は2.2兆円増、2%上昇で4.4兆円増で、金利上昇に比べて増額幅は小さい。

 

以上となります。

いかがでしたでしょうか。

日本はこの赤字額にどう対応していくのでしょうか。

先日お問合せ頂いたお客様は、この記事を見て「日本はこれからインフレを起こし、お金の価値を下げて借金の額を減らそうとしているのではないか」と仰られてました。

インフレ対策として今借り入れを起こしても将来的にはお金の価値が下がるから今借り入れを起こすべきだと3件同時購入されていきました。

最近インフレ対策としてご検討されているとお問合せが増えて参りました。

特に金融機関勤めのお客様は非常に多いです。

何故、不動産投資はインフレ対策になるのか。

お気軽にお問合せ下さいませ。

老後の資金を考える

老後の資金がどのくらい必要かご存じでしょうか。

必要資金がわかれば、その準備をどのように行うべきか対策が立てやすくなります。それでは、資金がいくら必要になるか試算していきましょう。

続きを読む

お一人様の老後

最近読んだ本で気になる内容があったので、皆様にご紹介致します。

≪お一人様の老後は有料老人ホームかサービス付高齢者住宅に入居するしかない≫というお話です。

続きを読む

リスクと収入の比例関係

みなさまこんにちは。

「初心者なのでまずは価格の安い物件から始めたい。」

「自己資金をかけずに短期間でプラス収支が得られる物件が欲しい。」

というお声を頂くことが多くございます。

続きを読む

人生が長くなるとそれだけお金が必要

中古マンション、新築マンション価格が上昇し供給戸数も限られた今のマンション市場は、一体どうなっていくのでしょうか。

なんてお声をちらほら聞きます。

続きを読む

自分で年金対策をすることは必要不可欠

皆さんこんにちは。

シノケンハーモニーです。

本日は平成28年12月22日(木)の日本経済新聞の記事をご紹介したいと思います。

続きを読む

▲ Page Top