不動産投資ブログTOP

借金をして攻めの経営

こんにちは。

皆様は、「有利子負債を増やす」という言葉を聞いて、どんなイメージを抱きますか。

続きを読む

自然災害とマンション

皆さんこんにちは

皆様は何かを新しく始める際にご自身で事前に調べますか?

調べる方も居れば、調べない方も居るかと思います。

しかし、重要な事についてならば、始める前に調べる方も多いのではないでしょうか。

続きを読む

不動産投資の注意点とは?

建築基準が満たされれば、マンションはどこにでも建てられます。

しかし住居の需要がないところに建設しても、当たり前ですが、コンクリートの塊になってしまいます。

続きを読む

「民泊」の将来性

皆さんこんにちは。

本日は日本経済新聞でホテルの価格高騰の記事をご紹介させて頂きます。

続きを読む

都心3区 人口増加速

皆様こんにちは。

最近気になった記事を皆様にご紹介させて頂きます。

※以下「2017年(平成29年)4月6日(木)日本経済新聞 日刊」一部抜粋

都心3区 人口増加速 

千代田、36年ぶり6万人台 子育て世代流入

東京都の千代田、中央、港の都心3区の人口増加が加速している。

千代田区は36年ぶりに6万人を突破、中央区と港区も増加が続く。

所得が高く職住接近や保育所を求める子育て世代が流入しているほか、利便性を求める高齢者も郊外から移り住んでいる。

高所得層が住みやすい都心居住を志向する流れは将来の待機児童や介護の需要を押し上げる要因にもなる。

最近は「番町地区などで投資系マンションが増えている」(東京カンテイの井出武上席主任研究員)こともあり、これらの賃貸物件に住む人が増えている。

都内で深刻な待機児童も千代田区では比較的少ない。

「人口回復を主要施策に掲げ、住環境の整備や子育て支援に取り組んできた」(千代田区)という。

子育て世代を引き付ける理由として「進学に有利な小中学校が多い」との見方もある。

各区とも子育て世代の増加が続けば「保育所や小学校の確保が大きな課題となる」(中央区幹部)のは確実だ。

子育て世帯の要望に十分な対応ができなければ、住みやすさに影響してくる。

子育て世代だけでなく、高齢者が都心に回帰する傾向もある。

井出氏によると、バブル期に郊外に一戸建てを持った層が老後、管理の手間がかからない都心のマンションに移り住む例が増えているという。

もっとも介護が必要になった場合の受け皿を考えると都心3区は脆弱。

保育所同様、近い将来の問題になる公算が大きい。

以上となります。

 

いかがでしょうか。

全国的に人口減少傾向にあるご時世でございますが、地域により人口減少する地域と人口が増加する地域と二極化が進んでおります。

不動産投資に取り組むにあたり地域選びは非常に重要なポイントとなってまいります。

弊社の個別相談会にご参加頂いた方限定で、人口の推移や失敗しない不動産投資のカラクリをお伝えさせて頂いております。

お気軽にご予約下さいませ。

「バス・トイレは別がいい」が多数

皆さんこんにちは。

本日は、入居者のニーズについて興味深い記事がございましたので、ご紹介させて頂きます。

続きを読む

滞納のリスクと空室リスク、対策が難しいのはどっち?!

皆さんこんにちは。

今回は、【実はあまり知られていない不動産のリスク】について興味深い記事がございましたので、ご紹介させて頂きます。

続きを読む

「ワンルームマンション」の特徴

皆様、こんにちは。
前回は、単身者の東京圏への人口流入を中心にお伝えさせて頂きました。
今回は、その単身者の住まいとして人気の「ワンルームマンション」の特徴についてお伝えさせて頂きます。
続きを読む

東京圏への転入超過は21年連続

皆様、こんにちは。

日経新聞の記事をご紹介させて頂きます。

【東京圏11.8万人転入超】(2017年2月1日 日経新聞 朝刊)

続きを読む

不動産価格が上がる要因

今回は、不動産の価格が上がる要因について、お話出来ればと思います。

まず、不動産価格が長期的に上がる一番の理由は人口です。

これは需要と供給のバランスで考えると分かりやすいです。

続きを読む

▲ Page Top