不動産投資ブログTOP

更なる東京の都市開発

皆様こんにちは。

2020年に開催される東京オリンピックに向けて、日々成長を続ける我が国日本。

その中でも、ずば抜けて新しく変化していくのが東京です。

続きを読む

デフレ脱却に向けて動き出した

皆さん、こんにちは。

興味深い記事がございましたのでご紹介させていただきます。

続きを読む

消費者金融にシフト?

皆さまこんにちは。

今回は消費者金融に関して気になる記事がございましたので、ご紹介させて頂きます。

続きを読む

現金信仰は安全?

皆さまこんにちは。

本日は非常に興味深い記事を見つけたのでご紹介させて頂きます。

続きを読む

表面利回りではなく実質利回り

皆さまこんにちは。

本日は非常に興味深い記事がありましたのでご紹介させて頂きます。

続きを読む

空室対策に創意工夫

皆さん、こんにちは。

今回は、「空室対策について」の記事がありましたので、ご紹介したいと思います。

続きを読む

急がれる高齢者医療制度の改正

皆さんこんにちは

興味深い記事がございましたので、ご紹介させていただきます。

続きを読む

高所得者向け増税

“増税”と聞いて皆様どのような印象を持たれますか?

民主主義的な観点で、みんなで平等になり良いことだ!と感じる方もいれば、国に搾取される!(ちょっと大げさかもしれませんが)と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな中で、ついにとも言える高所得者へのメス入れが始まろうとしています。

1面の記事なので多くの方もご覧になっているかと思いますが念のため貼付致します。

 

2017年11月21日(火)日本経済新聞 日刊より原文ママ

政府税制調査会(首相の諮問機関)は20日、税務手続きの電子化と所得税改革を柱とする中間報告をまとめた。

働き方の多様化を踏まえ、会社員らに適用する給与所得控除を誰もが対象の基礎控除へと「ウエートをシフトさせていくことが適当」と明記した。

与党税制調査会の議論では、負担増になる会社員をどの水準の所得で線引きするかが焦点となる。

29.12.6-2

給与所得控除の見直しに動く背景には、シェア経済や、インターネットを通じて個人に仕事を委託するクラウドソーシングの普及がある。

フリーランスや請負で働く人は基礎控除しかないのに、会社勤めで給料をもらうと給与所得控除の恩恵があることは、不公平感につながるためだ。

29.12.6-3

与党税調は今回の中間報告を踏まえて、給与所得控除を減らして基礎控除を増やす案を検討する見通しだ。全体で税収中立となるよう設計する。焦点は会社員にとって増税の境目となる所得の線引きだ。

給与所得控除の上限をいまの220万円(年収1000万円)から188万円(年収800万円)に下げ、基礎控除を38万円から50万円に上げるケースを試算してみた。

夫婦と子ども2人の場合、地方税を含めて年収900万円では年3万円程度の増税、1000万円では6万円、1500万円では8万円超の負担増になる可能性がある。

所得税は会社員を中心に設計され「多様な働き方を想定していない」(政府税調)。しかも、会社員が収入の一定額を経費とみなして所得から差し引ける給与所得控除は、諸外国に比べて差し引ける額が大きい。所得が多い会社員の給与所得控除を抑え、フリーランスは減税してバランスをとることが必要と政府税調は見る。

子育て支援を重視する安倍政権の方針を踏まえ、子どもがいる世帯は増税にならないようにする。負担増になる世帯とならない世帯の線引きは難しい調整になる。

政府税調はここ数年、所得税の抜本改革を提言してきた。これまでは配偶者の所得によって税を優遇する「配偶者控除」や、控除の仕組みの見直しに力点を置いてきた。

今回の中間報告は給与所得控除や公的年金等控除といった、課税の対象となる所得の計算に使う控除に焦点を当てた。年金にかかわる年金控除は、働く高齢者の増加を踏まえ「高額の所得がある者について、見直しを行うことが適当」とした。

所得税は社会の構造変化を受けて、抜本改革が避けられないといわれ続けてきた。だが、今回の中間報告は、共働きに恩恵がある夫婦控除の導入や、所得控除から税額控除への転換など抜本改革は棚上げした格好だ。中長期的にどのような所得税の姿を目指すのか、まだはっきりは見えない。

(原文ママ)

 

少し長い本文でございますが、見逃せないことが多々記載されておりました。

また図によるインパクトも大きく「こんなに取られるのか」という声も聞こえてきそうです。

様々な思惑があっての政策であることは皆様も重々ご認識されていると思いますが、いざ実際に納税が増えることが明らかになりますと、心中穏やかではいられないではないでしょうか。

何か防げる手立てはないか?と焦る方もいらっしゃると思います。

我々へご相談頂ければその答えが見つかるかもしれません。

軽い気持ちで構いません。どんなものか?と資料請求して頂くとその答えへの扉を開くことができるかもしれません。

シノケングループ一同、皆様のお問い合わせを心よりお待ちしております。

英不動産会社も東京へ進出

皆様こんにちは

今後も日本はグローバル化が進むと言われておりますが、これからの人口動向や地域経済に関わる興味深い記事がございましたのでご紹介します。

続きを読む

今回は一部の高所得者が対象だが・・・

みなさま、こんにちは。

興味深い記事がございましたので、ご紹介致します。

続きを読む

▲ Page Top